【手付金】賃貸契約を結ぶ前のチェックポイント

賃貸借契約書の見るべきポイント

doorway-690338_1280
賃貸住宅の契約を結ぶ前に物件はしっかりチェックしたから大丈夫!
……そう思うのはまだ早いかもしれません。本当に大切なのは契約を結んで手付金を支払う直前。
手付金は一度支払うと効力を失うまでのカウントダウンがスタートします。
手付金のカウントダウンが始まるまえにトラブルを回避するため、賃貸契約のチェックポイントを知っておきましょう。

①契約期間・更新のさだめ

契約をする時点で契約期間は決まっているので確認するようにしましょう。そして契約更新するための手続き・更新料についても確認が必要です。

②管理費・賃貸料・支払期日・支払い方法

賃貸料や管理費・共有スペースのルール・支払い期限・支払い方法などの説明が、書面と説明で食い違いがないかを確認します。

③敷金

敷金を支払う場合には退去するときに返還してもらうための条件などを聞いておきましょう。また原状回復に関することも細かくチェックしておくと良いですね。

④修繕

基本的には日常生活でついたキズなどの修繕は貸主が行うことになります。しかし故意に破損させた場合などは借主が負担することになります。修繕に関してのトラブルは多いのでより注意しましょう。

まとめ

賃貸借契約書を細かく確認して不動産業者の説明と照らし合わせることは重要です。手付金を支払う前に行われることなので、焦らず納得できるまで話し合いを続けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする